SBP瀬戸内乳腺事業包括的支援機構

SBP概要

SBP概要 Top > 学術委員会

    学術委員会のミッション
  • 瀬戸内乳腺事業包括的支援機構は乳がん患者さんや一般の方に正しい情報を提供し、乳がんの知識と理解を深めて頂くことを目的として活動しています。
    活動

    乳がんは女性のがん罹患数では第一位であり、全世界で年間1,643,000人が罹患し、年間死亡者は425,000人と報告されています。我が国では、現在約5万人の方が年間に乳がんと診断されており、女性が生涯の間に乳がんになる割合は16人に1人と増加の一途をたどっています。
    現在、乳がん撲滅のために世界中の医師、研究者達が研究を行い、膨大な数の新しい情報が日々発信され、乳がん治療は日進月歩で発展しています。
    一方、これら多くの情報についていくことは我々専門医でも大変なことであり、一般の方自らが正しい情報を得ることは極めて困難です。それでも、患者さんは必死にネットなどから有益な情報を懸命に探します。残念なことに正しい情報に辿り着いておられる方は僅かであり、「がん情報難民」となり、間違った選択をされることもあります。そのため我々、瀬戸内乳腺事業包括的支援機構は最新の重要な乳がん情報をよりすぐり、分かりやすく皆さんに提供していきます。情報収集に迷われた皆さんの道標となっていきたいと考えています。

    研究奨励賞について

    瀬戸内乳腺事業包括的支援機構会員の乳がんに関する学術研究を奨励し、当機構から日本ばかりでなく世界へエビデンスを発信することを奨励するために 本研究奨励賞を設けています。
    応募資格は1 年以上の瀬戸内乳腺事業包括的支援機構の正会員歴を有する方としています。
    年齢制限はございません。
    毎年2月より募集を開始します。
    対象論文や、応募方法につきましては内規等をご確認ください。

学術委員会 研究奨励賞に関する内規

    (対象)
  • 瀬戸内乳腺事業包括的支援機構の正会員すべてを対象とする。
  • 年齢制限なし。
  • 筆頭著者のものに限る。
  • 毎年 4 月から翌年 3 月までに掲載された論文。
  • 依頼原稿,総説は対象としない。
  • 大学院生の基礎研究は対象としない。
    (選考方法)
  • 学術委員会及び学術委員会から依頼を受けた SBP の役員が選考する。
  • 提出された学術論文の質(インパクトファクター、citation index など)及び将来の乳癌診療への貢献度などを参考に採点する。
  • 採点結果を参考に学術委員会で討議後に最終選考を行う。
  • 選考委員が選考対象者またはその共同研究者となった場合には, 選考委員会からはずれるものとする。なお、最終選考の討議には参加する。
    (表彰・受賞講演)
  • 総会前に理事会で承認後、学術委員会が総会で表彰し、同会で受賞者は研究業績を発表する。
  • 最優秀研究奨励賞1件につき 10 万円、複数名の場合は分割する。
    (手続き)
  • 2 月中にホームページ、メール配信で「研究奨励賞」の公募を行う。
  • この内規の変更には学術委員会の3分の2以上の同意を要する。

SBP

瀬戸内乳腺事業包括的支援事業

Copyright (c) SBP. All Right Reserved.